体への影響は?アフターピルを正しく使って安全に避妊しよう

アフターピル,モーニングアフターピル,生理

 

アフターピルは一般的には性交後に服用することで人為的に排卵を促し、望まない妊娠を避ける効果がある薬剤として認識されています。

 

アフターピルはホルモン剤の一種なので、服用する際は自身の体の具合を考慮する必要があります。特に女性の体は生理があるため、安易な服用は排卵や妊娠などに重大な悪影響をもたらします。

 

そのため、薬剤の成分や効果を正確に把握して適切な方法で服用することが安全に避妊するための条件です。

 

女性の生理は体調の良し悪しの影響を受けやすく、薬剤を服用していない人でも寝不足やストレス、病気などの要因で周期の変動や過度の出血などの不具合に見舞われることがあります。

 

そのため、排卵の周期を操作する作用があるホルモン剤を服用すると大きな影響を受けることになるので、必ず自身の体調を確認して慎重に判断するように心がけます。

 

特に中高年の女性は加齢によって生理不順を起こしやすいことから、少しでも不具合が生じたら薬剤の服用を中止して医師に相談することが大切です。

 

また、同じ薬剤でも個人の体質によって効果に大きな違いが生じます。

 

体質によっては含有成分に過剰に反応して体調不良を引き起こすこともあるので、医療機関で入念な検査を受けて薬剤の用法や用量を厳守することが体に負担をかけない避妊の条件です。

 

アフターピルは正しい使い方を守れば望まない妊娠を避けるのに効果的な薬剤なので、含有成分や自身の体質を把握することが安全に使うための心得になります。

 

薬剤は少量でも体への影響が大きいので、必ず信頼できる医師が常駐している専門の医療機関で検査を受けます。

 

近年では海外製の安価な薬剤を個人輸入で購入するケースが増えていますが、日本の安全基準を満たしていない製品が混在している可能性がある他、服用によって思わぬ不具合が生じることがあります。

 

稀に悪質な業者が粗悪品を販売しているケースもあるので、安全が確認できない製品は購入しないのが賢明な対処法です。

 

アフターピルの値段TOPへ