アフターピル,モーニングアフターピル,市販

↑アフターピルの即日通販はこちら↑

避妊をしたい!ピルってどこで買えるの?

アフターピル,モーニングアフターピル,市販

 

一般的に「低容量ピル」、「経口避妊薬」と呼ばれる通常のピルと「緊急避妊薬」と呼ばれるアフターピルはどちらもドラッグストアや薬局では市販されていません。

 

避妊に失敗したときや性犯罪に巻き込まれたときなどはすぐに手に入れたいものですが、手に入れるためには婦人科などで医師からの診察と処方せんが必要です。

 

受け取った処方せんを持って、処方せんの取り扱いのある薬局でピルを購入します。

 

どちらのピルを希望しても自由診療となりますので問診・診察代、処方せん代は健康保険の適用外です。その金額は病院によって異なり、全額実費での支払いとなります。

 

婦人科での診察に抵抗があったり、常備薬として持っておきたい方はアフターピルを海外の通販で個人輸入として購入する方法もあります。

 

この方法は正規品でも比較的安価に手に入れられることやジェネリック医薬品を選択できるメリットがあります。

 

しかし、低容量ピルと違い、ホルモン量が中容量となるため、正しく服用しても吐き気や頭痛などの一時的な副作用が出ることがあります。

 

これら副作用は低容量ピルにも起こりうることで、ピルがドラッグストアなどで市販されない理由のひとつでもあります。

 

自分に合った薬を選び、副作用を少しでも抑えるためにもとくに初めての服用の際は病院での診察を受けることをおすすめします。

 

服用のリスクや副作用についても医師に相談することができ、安心して服用できます。また、通販の場合は配送にも時間がかかるため、性行為後72時間以内の服用に間に合わない恐れがあります。

 

初めての服用ではなく、常備薬やお守りとしての購入目的であれば通販も利用する価値があるでしょう。

 

アフターピルが緊急時に必要であることや、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが配合されたホルモン剤ということで、ビタミン剤のように市販されていそうな印象ですが、人によっては体質や副作用、血栓症のリスクもあるれっきとしたお薬のひとつであることをしっかり理解しておくことが大切です。

 

アフターピルの値段TOPへ