アフターピルは飲み忘れに注意

アフターピル,モーニングアフターピル,効果

 

アフターピルは、妊娠リスクが発生したと考えられる72時間以内に服用することで効果を発揮します。

 

72時間を過ぎてから服用しても、効果を得ることは難しいのでできるだけ早くに婦人科や医療機関を受診するようにしましょう。

 

現在では、夜遅くまで開いている婦人科も多く存在しています。妊娠リスクを避ける為には、できるだけ早い段階で着床を防ぐことが大切になってきます。

 

恥ずかしい、婦人科に行きづらい、など様々な悩みがありますが、自分自身の体を守る為にも早めの行動を心掛けましょう。

 

また、アフターピルを服用後、副作用が出る場合があります。全身の倦怠感や吐き気などといった特徴があり、もしも2時間以内に薬を吐き出してしまった場合には、再度薬を服用する必要がでてくるので注意しましょう。

 

アフターピル,モーニングアフターピル,効果

 

副作用は通常24時間以内で治まることが多く、学業や仕事への影響も少ないので安心です。アフターピルを服用する上での最大のポイントは、薬を飲み忘れないことです。

 

医師の指示通り、きちんと服用することが重要です。また、薬を服用してすぐの性行為は避けるようにしましょう。これらのポイントをしっかりと押さえておけば、妊娠するリスクをぐんと減らすことができます。

 

望まれない妊娠は、自分自身の体に傷を付けるだけでなく、将来プランを大きく変える要因となります。

 

しっかりと子どもを産み、育てていける環境をつくってから妊娠することが理想的です。生理が始まった段階で、どの女性も妊娠リスクが存在していることをきちんと理解し、避妊の知識を深めていくことが何よりも大切です。

 

ピルは、もらった段階で妊娠を避けることができた、と安心する女性も多く、特に忙しい現代人は飲み忘れをおこしやすいとされています。

 

飲み忘れは着床を防ぐ効果をなくしてしまうので十分注意して下さい。

 

また、副作用の症状が24時間後も続いている場合には、診察を受けた病院で再度診てもらうようにしてください。

 

アフターピルの値段TOPへ