望まない妊娠に効果のあるアフターピル

アフターピル,モーニングアフターピル

 

アフターピルとピルは同じような名前がついていますがその働きは全く違うものだと言えます。共通していることは「女性ホルモンのバランスを人工的にコントロールすることで妊娠を防ぐ」という点です。

 

ピルは毎日飲む必要がありますが、毎日飲むことで体内の女性ホルモンのバランスを人工的に一定の値にして身体を妊娠している状態と同じようにしてしまいます。

 

妊娠していると排卵が起こりませんので、コンドームなどの避妊具を使わなくても妊娠する可能性がかなり低くなります。

 

きちんと毎日飲み続けていれば100%の避妊率がありますが、飲み忘れなどがあると妊娠してしまう可能性がありますので注意が必要になるというのが特徴です。ポイントは「排卵をストップさせる」という点です。

 

それに対してアフターピルは毎日飲むものではありません。コンドームなどの避妊具をしていても破れたり外れてしまって妊娠する可能性が出てきてしまった場合だけに飲むという特徴があります。

 

飲むと急激に体内の女性ホルモンのバランスが変化して生理を起こしたり、子宮内の粘膜の粘度を増して精子が動きにくくして妊娠するのを防ぐ働きがあります。

 

多くの女性ホルモンが配合されているため飲むと急激な女性ホルモンの変化が引き起こされます。

 

女性ホルモンの急激な変化が吐き気や嘔吐を引き起こしてしまう可能性があるので、コンドームを付けずに性交渉を行いそのたびに飲むというような使い方は危険です。

 

ポイントは「体内の女性ホルモンのバランスを変えて人工的に生理を引き起こす」という点です。

 

このように両者には飲み方や働きに大きな違いがあります。

 

今は絶対に妊娠をしたくないという場合には排卵をストップさせて妊娠しなくなるピルの方が適していますし、毎日飲むのは大変だから避妊は彼に任せてコンドームで十分だと思うけれど、まだ妊娠はしたくないから万が一の時に飲めばいいという場合にはアフターピルの方が適しています。

 

アフターピルの値段TOPへ